11
--
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Piece*Plus(ピース・プラス)は、アートとクラフトとアクセサリーのアトリエです。
アトリエでの制作や、日々の暮らしなどつづって行きたいと思います。
よかったら、Twitter(@pieceplus)も、よろしくお願いします♪


<< さくらカフェ 七月作品展を終えて  | main | 川場のティアツリーさんと、渋川のZakka kantetsuさんへ >>
被爆70年を考える現代美術展
毎日、暑い暑いとおもっていても、もう、立秋を過ぎましたね^^
皆様は、どんな夏をお過ごしでしょう?

我が家では、ニャンズ(ライアとたままる)が、つぎつぎトラブルで、
あれよあれよ・・・と言う間に日にちがすぎていきました。
やっと一息^^

そんな、こんなな日々ですが、
制作したり、思考したり・・・・

只今、遠い長崎で開催中の「被爆70年を考える現代美術展」
作品を展示していただいています。

201507nagasaki3.jpg

この作品展の趣旨に賛同し、
平和を願い、三部作を制作しました。

爆心地からほど近い、活水高等学校・活水中学校のカフェテラス、
西日の強くあたる場所に展示するということで、
ワイヤーの影、クリスタルの光の力をかりての制作を試みました。

201507nagasaki4.jpg
「祈り」ー光の出航

201507nagasaki5.jpg
「希望」ー光の翼

201507nagasaki6.jpg
「平安」−悦びの国へ
作品を創ることは、いつも、祈り、希望、平安をたどる気がします。

今回のお誘いは、
その昔、Hara Museum ARCで開催された
長崎大学の井川惺亮先生のワークショップに参加したご縁がつながりました。
色々、自分の制作の事、政治の動き、日々もんもんとする事も多い中、
制作のチャンスをいただいたことに感謝いたします。

次の作品は、長崎ブリックホールで7月中に開催された展覧会で展示していただいた作品です。

20150810nagasaki1.jpg
「X」−無限の可能性

この小さな作品は、七宝で制作しました。
銅板を切り抜いて、作品を作っている時、
その余りというか、のこった切れ端の形がとても面白くて、
それを、そのまま、両面に七宝を施して、焼成しました。

しばらく前の作品ですが、「祈り」や「平和」は、
私の制作の大切なテーマなので、
ブリックホールでの展示には、今回、この作品で参加させていただきました。

「長崎を最後の被爆地に」・・・
ほんとうに、ほんとうに、そう思います。

暑い夏です。
どうぞ、皆様、お身体たいせつに〜^^


 
制作 | comments(0) | Noriko
コメント
コメントする









(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
LATEST ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
RECOMMEND!!!

RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHER